人と人がつなぐ医療のかたち Hands-on Healthcare Service Provider

Add Bing New Tab extensionGet quick access to Bing with our Chrome search extension
317,000,000 results
  1.  

    急性心筋梗塞とは? 心臓は血液を全身におくる「ポンプ」の役割をしています。心臓は絶えず働いているため、たくさんの血液が必要です。その血液を心臓に供給するのが「冠動脈」と呼ばれる心臓の血管です。「急性心筋梗塞」とは、この冠動脈が「詰まる」ことで、十分な血液を供給できず心臓の筋肉が壊死してしまう病気のことをいいます。壊死した筋肉を再生することは現代の医療でもできません。そのため急性心筋梗塞が発症した場合は、壊死する心臓の筋肉の範囲をできるだけ少なくするため、一刻も早く「詰まった」血管を再開通することが大切です。 2. 江口久美子医師「右冠動脈CTO病変に対してCART法による偽腔へのステント留置後、慢性期にステント外真腔再開通を認めたと考えられる1例」 野木正道医師「CART法にてRCA-CTOのPCIを行い、Septal Ruptureを来した1例とその長期経過」 心臓医療の最前線 湊谷豊科長「Drug Eluting Balloon拡張直後の興味深いOFDI画像」「5Fガイドカテーテルでも0. 医療最前線 急性心筋梗塞 1. は比較的ご高齢の方にみられる子宮内膜とはあまり似ていない形態をしたがんに分類されます。前者はあきらかにエストロゲンという女性ホルモンが関与しております。近年の食事の欧米化に伴って、女性の肥満化がおこり、それとともに脂肪細胞で作り出されるエストロゲンが過剰状態となり、子宮体がんの増加につながっているともいわれております。いわきを中心とした地域では、原発事故後の運動不足と栄養過多は社会問題となりつつあります。これもある意味喜ばしいことではないと思っております。子宮体がんはがん検診の費用対効果が低いということで、検診事業には組み込まれておりませんが、進行の遅いがんであるので、出血という症状が出た際には、近医の先生を受診されることをお勧めします。その際、子宮体がん検診だけではなく、積極的に超音波検査を受けてください。超音波では子宮内腔の状態が比較的とらえやすく、がんを疑う所見が見つけやすいとされております。また、検診の精度が頚がん検診に比べてやや低いので、担当する主治医の先生によっては、積極的に精密検査を行う方もいらっしゃいます。それも、正確な診断を期すという観点から、ガイドラインでも推奨されております。ご理解いただければと思います。   【医療最前線 No. どれくらい命にかかわるか? 急性心筋梗塞は治療法が進歩しているにもかかわらず、約30%の方が死亡してしまうと言われています。これは病院にたどり着く前に亡くなってしまう方も含みますが、病院までたどり着いても約7%が死亡してしまうほど重篤な疾患です。 4.
    聞いて納得!! 医療最前線:心臓リハビリテーション(2017.12)

  2. Related searches for 医療最前線 ~心臓外科医:須磨久善の挑戦~ アカデミーヒルズ