「刑部神社」の検索結果

Add Bing New Tab extensionGet quick access to Bing with our Chrome search extension
317,000,000 results
  1.  

    年7月4日朝。未明までの空襲で焼け落ちた市街地の中、姫路城の天守はいつもの姿をとどめていた。なぜ無事だったのか。 姫路は、昭和20年6月22日と7月3日深夜から4日未明にかけての2度、米軍の激しい空襲 実は、焼夷弾1発が大天守を直撃し、最上階の屋根を突き破って六階に突き刺さっ 死者人、重軽傷者人余、全焼家屋約1万戸、被災者人。 姫路城は天守に命中した焼夷弾が発火せずに焼失を免れ、その姿に勇気づけられた被災者もいたようで
    姫路城大天守の瓦葺き完了  · 姫路城の天守です。姫路城天守は、天守にB29が落とした焼夷弾の直撃を受けながら不発。決死の覚悟の職員たちが、爆弾を城外に運び出したことで炎上を免れたのです。 いま、白い輝きで私たちを魅了する姫路城の奇跡の物語。 地元の誇りであり心の 姫路城も例外なく、天守閣の最上階など焼夷弾が落ちています。 しかし、その焼夷弾が不発だったと言う幸運もあり、奇跡的に焼失を免れました。 築城から年余り、現在の姫路城があるのも「風水」が救ったとも言われていています。 一九四五年七月の姫路空襲で、姫路城天守閣に焼夷(しょうい)弾が直撃したものの、不発だったために、炎上を免れていたとみられることが二十二日、当時、不発弾処理にあたった元士官の証言で明らか  · 羽柴秀吉が居城し、その後の出世を支えたことから「出世城」と言われたり、第二次世界大戦で焼夷弾が天守に被弾したものの、不発弾で大きな被害が出ずに、築城後大きな被害がなかったことから「不戦の城」とも言われています。Estimated Reading Time: 4 mins  · 羽柴秀吉が姫山に三層の天守を築いていたときのこと、城の石垣の石がなかなか集まらず、苦労しているという話が広まっていました。 城下で焼餅を売っていた貧しい老婆がそれを聞き、「せめてこれでもお役に立てば」と古くなった石臼を差し出しました。
    今池 徳
  2. Related searches for